電波つながる?ワイマックスのお試し方法と3つの注意点、おすすめプロバイダを紹介!

更新日:

ワイマックスを購入するとき、最も気になるのが「自分の生活圏でちゃんと電波が使えるかどうか」ですよね。

それならワイマックス実機を無料レンタルして試してみましょう!

 

ワイマックスは高速通信、通信量無制限が特徴ですが、電波帯域の性質上、鉄筋コンクリートの建物や地下ではつながりにくいという性質があります。

自分が住んでる場所や、いつものカフェで使えるのかな?と不安な方は「お試しレンタル」しておくと安心です!

ワイマックスのお試しはTry WiMAX

UQ WiMAXが提供している15日間のお試しレンタルサービス「Try WiMAX」。

登録料、通信料、レンタル料、配送費用などは一切かかりません。

ちなみにこの画期的なサービス、ワイモバイルのポケットWi-Fiのような他社のモバイルWi-Fiルーターではやってないようです。ワイマックスだけ!

 

ワイマックスを購入前に

  • 自分の利用エリアでワイマックス電波が使えるか?
  • 通信速度がどのくらいでるのか?
  • ワイマックスはどんな機器を使うのか?

がわかります。

 

無料お試しレンタルに申し込む前に、まずはWiMAX2+のピンポイントエリア判定を試してみましょう。

都道府県のMAPや住所から、自分の利用したい地域でワイマックスが使えるかどうかピンポイントで判断することができます。

⇒WiMAXピンポイントエリア判定はこちら

 

ただし!

無料レンタル期間の15日を過ぎるたり、端末を紛失したりすると違約金が発生したりするので注意が必要です。

ではワイマックスを無料お試しする際の注意点を見てみましょう。

ワイマックス無料お試し3つの注意点

その1 無料端末を期間延滞、紛失、故障すると違約金がかかる!

お試しレンタルは端末代も送料も通信量も「無料」ですが、利用期限を過ぎたり端末を紛失・あるいは故障させた場合、違約金として2万円以上の違約金が発生します。

普通に使っていれば問題はありませんが、借り物ですので乱暴に扱ったりしないよう注意しましょう。

特に「15日のレンタル期間」については、UQ WiMAXが機器を発送してから、UQ WiMAXに返却されるまでの期間が15日と言う事です。

実際に利用できるのは到着してから発送までのおおよそ10日前後になるので注意してください。

こちらも利用期限を過ぎてしまうと2万円以上の高額な違約金が発生します。

その2 自分が使うかもしれない場所とシーンは全て確認しておく

当然、ご自身が住んでいるお家や行きつけのカフェなどで試してみると思うのですが、その際は実際にワイマックス端末を置く予定の場所で使ってください。

WiMAX2+の電波は端末の位置がすこしでも変わるだけで電波が拾いやすかったり拾いにくかったりします。

同じ室内でも部屋の中心と窓際とでは電波状況が異なる場合があるので、自分が使うあろう場所ではくまなく試してみましょう!

 

また、通信速度もいろいろなパターンで試してみるといいです。

スマホでホームページを閲覧するだけではなく、PCでYoutube動画を再生してみたり、タブレットで音楽をダウンロードしてみたり、SNSに写真をアップロードしてみたり。

様々な用途で試しておけば後になって公開する事がありません。

もっとも、ワイマックスは通信速度に定評があるので電波が問題なく拾えていれば通信速度は満足できると思います!

その3 同封されている広告から申し込みしてはいけない!

無料お試しレンタルの端末が送られてきた際に、UQ WiMAXの申し込み広告が同封されています。

でもこの広告からUQ WiMAXに申し込んでは行けません!

 

なぜなら、UQ WiMAXはワイマックス回線の元締めですが、料金が市場最安値ではないからです。

ワイマックスはUQ WiMAX以外にも20社以上のプロバイダから販売されており、実は本家のUQ WiMAXから申し込むよりもプロバイダを利用した方が安くなるんです。

 

電波のつながりやすさや通信速度、端末の種類はどのプロバイダを選んでも変わりません。

だったら少しでも安いところを選んだ方が絶対お得ですよね!?

プロバイダはGMOとくとくBBが最安値!

現時点でワイマックスが最もお得に使えるプロバイダは、GMOとくとくBBです。

東証一部上場のGMOインターネットが運営している安心のプロバイダで、初期費用・月額費用が他社より安くなっています。

GMOとくとくBB、BIGLOBE、UQ WiMAXの比較

しかも、今なら最大30,000円のキャッシュバックキャンペーン中!!

 

最新機種のW03を選んでも29,000円のキャッシュバックが受け取れます!

唯一注意点としては、キャッシュバックの案内が11ヶ月後にメールで届くのでそれだけ確認を忘れないようにしてください!

 

そしてもうひとつ。

GMOとくとくBBは20日以内ならキャンセルしても通常24,800円の解約金がかかりません!

ピンポイントエリア判定で「○」がついていて「電波に問題がなければGMOとくとくBBで申し込もう!」と決めている人は、はじめからGMOとくとくBBに申し込んでしまえばいいのです!

 

万一室内等自分が使おうと思っている環境で電波がつながりにくかったり、通信速度に不満があるなら20日以内にキャンセルするのも手です。

注意点としては、

  • ピンポイントエリア判定で「○」の方だけがキャンセルの対象。
  • GMOとくとくBBに新規入会する人だけが対象。(過去に利用しているとNG)
  • 無料になるのは解約違約金だけ。初月の利用料はかかります。

です。詳しくはGMOとくとくBBの公式ページからご確認ください。

GMOとくとくBBの申し込み方法

こちらのGMOとくとくBB公式キャンペーンページに入り、「お申し込み」から機種とプランを選択し、必要事項を入力して申し込むだけです。

端末は4つの機種から選択するのですが、おすすめは「Speed Wi-Fi NEXT W03」。

GMOとくとくBBのWiMAX端末W03

下り最大370Mbpsの超高速通信と、auの4GLTE回線も利用できる通信モードを備えている、2016年7月に発売されたばかりの最新機種です。

GMOとくとくBBではこの最新機種でも29,000円のキャッシュバックをもらえるのでかなりお得です。

申し込み時に「26,000円キャッシュバック+クレードル(充電スタンド)0円」という選択肢もありますが、クレードルが無くても充電可能なのであまり必要ないでしょう。

W03のクレードル

あとは「ギガ放題プラン」と「通常プラン(7GB)」の2種類からプランを選択します。

動画やゲーム等タブレットを思う存分使いたい人はギガ放題プランにしておくのが無難です。

GMOとくとくBBのおすすめはこのプラン

GMOとくとくBBのワイマックスの支払いはクレジットカードのみ対応しています。

申し込み時には手元にクレジットカードを用意しておいてください。

▼GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンページはこちらから!

-キャンペーン, 対応エリア

Copyright© WiMAX私が選んだキャンペーン! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.