テザリングはモバイルルーターの代わりになるのか?ギガモンスター・スーパーデジラかWiMAXどっちがお得で便利なのか比較してみた

更新日:

iPhone7の発売とともに、ソフトバンクからはギガモンスターauからはスーパーデジラというプランが発表されました。

簡単に言うと、多くの人が月間データ通信5GBのプランに加入していると思うのですが、新プランとして月間20GBまでのデータ通信プランが出たという話です。

ソフトバンク超安!大容量!20GBギガモンスター

超安!大容量!20GBプランギガモンスター

ざっと公式ページを見てみると。。

データ通信5GBプラン:月額5,000円に、プラス1,000円の月額6,000円で、ギガモンスター20GBプランが利用できるそうです!

さらに大容量の30GB 8,000円のプランも用意されています。

 

auのスーパーデジラもほとんど同じ内容ですね。

これはスマホの通信容量で今まで悩んできた人たちの救世主になるのでは!?

 

でもギガモンスター・スーパーデジラって本当にお得なんでしょうか?

大量のデータ通信をするならワイマックスのようなモバイルWi-Fiルーターの方がやっぱりお得なんじゃないの?

ということで、ギガモンスター・スーパーデジラとワイマックスを比較してみました。

 

結論としては、動画を見たり、アプリを思う存分楽しみたい人はやはりワイマックスの方が良いです。

ギガモンスターってどんなプラン?

ギガモンスターは前述のとおり、

20GBプラン 月額6,000円

30GBプラン 月額8,000円

のデータ通信プランです。

 

今までスマホ代が5GB 8,000円だったユーザーは、9,000円で20GBまで使う事ができるようになります。

このプランは近年台頭してきている格安スマホや格安SIMへの対抗策でしょう。

 

ギガモンスターは月額1,000円増えるだけで、20GBまでデータ通信が使えるので「今までの5GBプランや7GBプランではちょっと足りなかった!」という人にはぴったりのプランですね。

 

しかし、ちょっとした落とし穴もあります。

大量にデータ通信を行っている人の多くが、スマホをPCやタブレットに接続する「テザリング」という機能を使っているそうです。

スマホのテザリングでPCやタブレットをインターネットに接続

ソフトバンクの場合テザリング利用料金は、通常の5GBプランでは月額500円なのですが、ギガモンスターだとテザリング利用料金が1,000円になるそうです。

つまり今までの5GBプランを20GBギガモンスターに変更すると、月額で1,500円高くなるということですね。

※ギガモンスターのテザリング料金が1,000円に上がるのは2017年の4月からです。それまでは500円で利用できます。

 

テザリングによってパソコンやタブレットで使用するデータ通信量は、スマホで使用するデータ通信量よりもかなり大きくなります。

ギガモンスターにしたからといって、テザリングによるネットサーフィンをたくさんすると20GBなんて割とすぐに使ってしまいます。

 

事実、スマホテザリング+ワイマックスを両方使っている私の先月のデータ通信量は32GBでした。

用途はスマホでのネットサーフィン、Youtube動画、アプリゲーム、パソコンでのネットサーフィン、アマゾンプライムビデオでの映画鑑賞などです。

私の場合30GBを超えているので、ギガモンスターの30GBプランでも足らなさそうです。

カフェでWiMAXのWX02を使う

ギガモンスター(スーパーデジラ)を使うメリット

20GB/30GBプラン「ギガモンスター」を利用するメリットは、安い料金である程度の通信容量をプラスできる事です。

メリットと、ギガモンスターに向いているユーザーの特徴を合わせると

  • 携帯する端末がスマホの1台だけで済む
  • 今までの5GBプランであとちょっと足りなかった人には便利
  • 主にスマホでデータ通信をたくさん使うユーザー向き

逆に動画や映画を思う存分見たり、たくさんの写真をアップロード、ダウンロードする人はギガモンスターでも足りないかもしれません。

ワイマックスを利用すると

ギガモンスターの20GB/30GBで十分にデータ通信量が足りるという方は、ワイマックスなどのモバイルWi-Fiルーターは必要なくなるように感じるかもしれません。

 

しかし、自宅にネットの固定回線を引いていないひとはやはりモバイルルーターはあった方が便利です。

例えば、

○100MB以上のアプリのダウンロードはWi-Fi環境じゃないとできません。

○iPhoneのバックアップやOSの更新もWi-Fi環境が必要です。

ワイマックスなどのモバイルルーターでWi-Fiを利用している人は、大容量アプリやスマホのバックアップ・更新のためにモバイルルーターも持っていた方が安心です。

 

ギガモンスターとワイマックスの通信プランと費用を見てみましょう。

データ通信量と金額を見比べればやはりワイマックスのお得度は大きいです。

▼スマホの方は横にスクロールできます

データ通信量 料金 テザリング
ソフトバンク
ギガモンスター
20GB 5,000円 1,000円
2017年5月より
30GB 8,000円
au
ギガモンスター
20GB 5,000円 2017年5月より
30GB 8,000円
ドコモ
ウルトラパック
20GB 5,000円 2018年4月より
30GB 8,000円
ワイマックス(とくとくBB) 無制限 4,263円 0円

ワイマックスはいくらぐらいで契約できるのか?

ではワイマックスはどのくらいの金額で持つことができるのでしょうか?

料金はプロバイダごとに違うのですが、現在一番総額が安いと言われているGMOとくとくBBの場合、データ通信制限なしの「ギガ放題」プランを実質月額約2,900円程度で利用することができます。

とにかく安いプロバイダGMOとくとくBB

本来ワイマックスは月額4,263円なのですが、なぜ実質2,900円になるかというと、GMOとくとくBBのキャンペーンによって契約から11ヵ月目に3万円のキャッシュバックがもらえるからです。

ワイマックスは2年契約なので、2年間の月額合計からキャッシュ額を引いて計算すると、月々約2,900円になるというわけですね。

 

ソフトバンクのギガモンスターに比べると料金は高くなりますが、ワイマックスは通信制限なしで利用することができますし、スマホのための無線LANアクセスポイントとして利用することもできます。

テザリングと異なりスマホのバッテリー残量を気にしなくて良いのもメリットですね。

GMOとくとくBBの契約方法

契約方法は、GMOとくとくBBの公式サイトではなく下記のキャッシュバックキャンペーンページに入り、機種とプランを選んで進みます。

契約はネットでの申し込みだけになっており、契約後約一週間で端末が家に郵送されてきます。

GMOとくとくBBのWiMAX端末W03

売れ筋の機種はバッテリー容量が増えた最新機種のW03。

プランはもちろん「ギガ放題」がおすすめです。

 

繰り返しますが、公式サイトからだと高額キャッシュバックが受け取れなくなってしまうので、必ずキャッシュバックキャンペーンページから申し込むようにしましょう。

▼GMOとくとくBBのキャンペーンページはこちら


-テザリング, ギガ放題
-, , , , , , ,

Copyright© WiMAX私が選んだキャンペーン! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.