WX04は速度制限にかかりやすい?WiMAXが低速になるケース全まとめ

投稿日:

WX04は、「WiMAX2+」のみならず、「au 4G LTE」が使用できるWiMAX。
「au 4G LTE」を使うことができる機種は、「速度制限問題」が話題になります。

WiMAXの速度制限は種類が多くてわからないよ…という人も、この記事を読んだら速度制限問題についてしっかり理解できると思います!

「どのような場合に」「どれくらいの」速度制限がかかるか理解していれば、WiMAXの速度制限は怖くありません!
購入前にしっかりと「WiMAXが速度制限を受けることになるケース」を把握しておきましょう!

基本:WiMAXのプランで速度制限を受けるかどうかが変わる!

速度制限とは、インターネットを多く使う人(利用可能なデータ容量を超過した場合)に対して、通信速度を制限することによって表示速度が急に遅くなる事をいいます。

この速度制限を受けるかどうかは選ぶプランによって大きく異なります。

通常プラン 月間7GB制限
ギガ放題プラン 月間データ量制限なし

通常プラン

通常プランは、月に7GB以下の利用で済む人のプランです。

月間の通信量の合計が7GBを超えると、当月末までの通信速度が128kbpsに制限されます。
※128kbpsは、テキスト中心のサイトは見れますが、表示が遅く、かなりストレスがかかる速度です。
写真の多いサイトや動画はほぼ不可能といえるでしょう。

動画を見たりしていたら7GBなんてすぐですね。
なので通常の人はギガ放題プランを選択すると思います。
※WiMAXのプラン変更は月単位で可能なので、7GB以上使うと決まっている月だけギガ放題に切り替えることもできます。

ギガ放題プラン

ギガ放題プランは、基本的には月間データ量の速度制限はありません。

YouTubeなどの動画をガンガン見たり、たっぷりネットがしたい人におすすめなプランです。
ギガ放題なら、制限を気にせずストレスフリーにネットを楽しめます!

…が、後々述べるように「ギガ放題」でも速度制限を受けることもあります。
この辺がWiMAXの速度制限をわかりづらくしているところですね。

ちょっとした落とし穴に注意していきましょう!!

ギガ放題でもWiMAXの速度制限にかかるんだぞっ!それも2種類…

WiMAXの速度制限には【月間で7GBの制限】【3日間で10GBの制限】という2種類があります。

これはギガ放題でもかかるものです。ギガ放題なのに制限があるからわかりづらいのでしょうね…。

この制限をしっかり理解するためには、WX04に「WiMAX2+」「au 4G LTE」という電波が2種類存在するということも理解しなくてはなりません。
「WiMAX2+」は、WiMAX回線を利用する「ハイスピード」/「au 4G LTE」は、au回線を使う「ハイスピードプラスエリア」とも言われています。
WX04は、この電波を切り替えて使うことができるのです。

3日間で10GBの制限(ネットワークの混雑回避のための制限)

「WiMAX2+」は、WiMAXの通常の電波。WX04を購入して主に使うのはこちらの電波ですね。

この電波では基本的に制限を受けることはないと考えていて差し支えないとは思います。
しかし、短期間に多くのデータ通信を利用すると、「ネットワークの混雑回避のため」通信速度を制限されてしまいます。

速度制限がかかる
利用データ量
直近3日間で10GB以上
(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)
制限時間 3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯※1
(18時頃~翌2時頃※2)
制限後の最大通信速度  概ね1Mbps※3
(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)

※1:2017年2月時点
※2:2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで速度制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。
※3:送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります。

UQWiMAXは、2017年2月2日以降、これまでの制限データ量である「3日間で3GB制限」を「3日間で10GB制限」に変更しました。
速度制限される時間帯も「一日中」から「夜の利用者が多い時間帯だけ」に変更しました。

ありがたいっ!

要は、これまでよりも3倍以上制限なくネットが使えるだけでなく、速度制限される時間帯も大幅に短縮されたのです。
もっとも制限中の速度は、サイトの閲覧には支障がない程度ですが、高画質の動画を見るには少し物足りない速度です。

10GBの目安は、公式が下記のような目安を出していました。

YouTubeの低画質モードで音楽だけを聞いていれば、3日間(72時間)流しっぱなしでも速度制限にかかることはないですね。
高画質モードにしても、3日間で計13時間視聴できます。

1日4時間以上動画を見続けることはなかなかないので、多くの人は速度制限にかかることなくネットが楽しめるはずです。

月間で7GBの制限(LTEの利用による制限)

簡単に言うと、「au 4G LTE」は、auのスマホの電波が届くところならどこでも電波が届く(人口カバー率99%)というすごい電波です。
すごい電波というだけあって、制限がかかりやすいんですね。

この、「au 4G LTE」を月に一度でも使用すると、「月間で7GBの制限」がかかってしまいます。
(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計が7GBに達すると速度制限にかかります。)

「au 4G LTE」を一度でも使うと、そのあとWiMAX2+の回線に戻してもその月は7GB制限がかかるので注意してください。
(出張や帰省などでWiMAX2+エリアの外へ行き、そこでネットをしたときは注意が必要です。)

では、どこでWiMAXを購入するのがおトクなのでしょうか?

WX04を一番安く手に入れるならBroadWiMAX

「WX04」を購入するのに一番お得なプロバイダは、今のところ「BroadWiMAX」です!

BroadWiMAXは、現在、「初期費用18,857円が無料」キャンペーンを実施中!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんが、購入するなら今です!!!

どのプロバイダから申込んでもエリアや通信速度に変わりはないので、WX04を申込む場合は最安値のBroadWiMAX利用するのがおすすめです!

⇒今なら業界最安値!BroadWiMAXのキャンペーンはこちら!

 

-WX04, 通信量制限

Copyright© WiMAX私が選んだキャンペーン! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.