高校生にモバイルルーターって必要?家族の通信制限をWiMAXで安く解決!

更新日:

高校生、大学生のお子さんがいるご家庭、スマホの「ギガ」足りてますか?

「ギガ」とは通信量の「GB=ギガバイト」のこと。

子供が中学生から高校生に上がった途端、家族で分け合ってたスマートフォンのデータ通信量が足りなくなった!という話をよく聞きます。

今回はモバイルルータを使って7年、WiMAX歴4年の僕が、高校生にWiMAXは必要なのか?役に立つのか?をお伝えします!

⇒GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーンページはこちら


高校生はスマホの家族データシェアでは足りない!

子供が高校生になったら、家族データシェアでは足りなくなる家庭がほとんどです。

 

ドコモ、au、Softbankの各社に「家族データシェア」や「シェアパック」という名前で、家族間でデータ通信量を分け合えるプランが用意されています。

夫婦2人だけやおじいちゃん・おばあちゃんとの組み合わせ、子供がまだスマホをそれほど使わないときはデータシェアパックはとても便利です。

 

料金は15GBの通信量で12,500円程度。

家族3人だったら一ヶ月にひとり5GBのデータを使うことができます。

料金が割引になりますし、誰かがたくさん使ったときは、家族に少し我慢してもらえば大丈夫。

大人同士なので調整は簡単です。

 

でも子供が高校生・大学生になると、急にたくさんネットを使うようになって、家族シェアプランではデータ量が足りなくなってしまいます。

自宅のWi-Fiでネットを使ってくれればいいけど、部活や友達と遊んでるときはどうしても外出先でモバイルデータ通信(携帯電波の通信)を使うことになります。

 

あるデータでは高校生の約30%が頻繁にデータ容量制限にかかって低速モードになっています。

そして、40%以上が月間5GB以上のデータを使っているそうです。

高校生・大学生はなぜそんなにネットをたくさん使うの?

「もっとデータ通信を節約して使え!」と言っているご家庭もありますが、ちょっと待ってください。

昔と違って今はなんでもスマホの時代なんです。

 

以前は電話をしていたのが、LINE通話になっています。

LINEの電話は電話回線ではなくネット回線を使うので電話代ではなくネット代=データ利用となるのです。

メールも以前は文字が中心。絵文字もありましたが大した容量ではありませんでした。

でも今ではLINEでスタンプをたくさん送りますよね。

 

また、交換日記ではないですが、多くの学生がInstagramやTwitterなどのSNSを利用しています。

 

写真や動画もカメラの性能が上がってきれいになった分たくさん通信量を使います。

音楽だって昔はCDだったのが今はダウンロード販売や音楽聴き放題のストリーミングサービスを使うのが当たり前になりました。

 

もちろん高校生はアプリゲームをしたりYoutube動画を見たりもしますが、友達とコミュニケーションを取るだけでもこんなにデータ通信が必要な時代なのです。

それに、今どき若いうちからネット環境に慣れておかないと、大学生・社会人になったときに困るかもしれません。

高校生・大学生のスマホにはモバイルWi-Fiルーターが便利

スマホのデータ容量を引き上げてもいいのですが、どうしても料金が高くなってしまいます。

そしてスマホの通信料には使い放題プランが存在しないので、いくら上げても使い切ると速度制限にかかってしまいます。

 

そこで便利なのがモバイルWi-Fiルーターです。

スマホと同じぐらいの大きさの携帯端末で、携帯の電波をWi-Fiの電波に変換して、外出先でも常にWi-Fiに接続した状態でネットを利用することができます。

中でもWiMAXは通信量無制限の「ギガ放題プラン」があるため、いくら使っても定額でLINEやSNS,動画やアプリなどのインターネットを利用することができます。

 

WiMAXの他にドコモやSoftbank、ワイモバイルなどが出しているモバイルルーターがありますが、3年契約だったり料金が高かったりします。

なんといってもモバイルルーターでは今WiMAXが一番売れているので安心です。

 

WiMAXならプロバイダを選べば月額3,000円ちょっとで契約できるので、家族で通信量が足りない問題を一気に解決してくれます。

お子さんがWiMAXを持てば家族のデータ通信量は大幅に減るので、家族でシェアしているデータプランは少ない容量のものに引き下げてもいいかもしれません。

 

※3日間で10GB以上使用すると翌日速度制限がかかりますが、1日だけですぐに解除されるのと、速度制限時でもそこそこの速度が出るためあまり心配はいりません。

WiMAXを子供に持たせて安全性は大丈夫?

WiMAXはインターネットに接続するための端末なので、接続先の制限などはスマホの方で管理しないといけません。

4G LTEでインターネットを利用するときと同じです。

ちなみにWiMAXのWi-Fiはパスワードで守られているので、他人に勝手に利用されるということはありません。

WiMAXの料金と契約方法

WiMAXはプロバイダ(販売業者のようなもの)によって料金が異なります。

今おすすめは業界最安値のGMOとくとくBBというプロバイダ。

 

月額料金も安いのですが、キャンペーンで契約から11ヶ月後に3万円以上のキャッシュバックがもらえるので、他のプロバイダに比べると圧倒的に安くなります。

キャッシュバックは11か月目に届く案内メールに従って申請すれば全ての人がもらえます。

逆に言うとそれを忘れているともらい逃すので注意してください。

 

ちなみに通信品質はどの業者を選んでも変わらないので少しでも安いところで契約するのがいいでしょう。

GMOとくとくBBのギガ放題プラン場合、月額料金はこんな感じです。

初期費用 3,000円
月額(1,2ヶ月目) 3,609円
月額(3ヶ月目以降) 4,263円
2年間総額 104,004円
※実質総額72,504円

※実質総額はキャッシュバックの31,500円を引いたもの
※キャッシュバック額は月によって変わります

キャッシュバックを考慮すると、月々の負担額は3,000円ちょっとになります。

それでネットが使い放題になるので高校生にとってはかなり便利ですよね。

 

おすすめの機種はやはりタッチパネルを搭載した最新型のW05です。

ライムグリーンと白の2色展開で端末本体もスタイリッシュです。

 

GMOとくとくBBで高額キャッシュバックをもらうにはキャンペーン専用ページから申し込む必要があります。

下にキャンペーンへのリンクを貼っておきますのでご利用ください。

期間限定キャンペーンなので注意してくださいね!

⇒GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーンページはこちら


-利用シーン

Copyright© WiMAX私が選んだキャンペーン! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.