プロバイダはGMOとくとくBBかSo-netどっちがおすすめ?通信量制限なしのワイマックスはとくとくBBの方が安い!

更新日:

GMOとくとくBBとドルチェグストどっちがいい?

後輩から相談を受けました。

今使ってるワイモバイルのWi-Fiルーターが、毎月7GBを超えて追加料金を支払ってるので、2年経つのをきっかけにワイマックスに乗り換えたいそうで。

「ワイマックスのプロバイダはどこがいいんですか?」とのこと。

 

このブログでも紹介しているとおり、結論から言うとワイマックスは2年トータルではGMOとくとくBBが最安値。

後輩にもとくとくBBを勧めました。


老舗プロバイダのSo-netとどっちにするか悩んでいた

その後輩は昔からVAIOのPCを使っていて、プロバイダのSo-net(ソニーの子会社)は古くから知っているので親しみがありそこにしようかと思ってたとのこと。

でも比べてみたらSo-netのワイマックスはそれほどメリットはないんです。

GMOとくとくBBとドルチェグストどっちがいい?

たしかに老舗プロバイダなのでサービス品質は文句無しで、電話サポートの対応もおおむね好評です。

でもモバイルWi-Fiルーターを使うのに、電話サポートなんてそう何度も使うような物ではないわけです。

GMOとくとくBBとSo-netの違いはここ

ワイマックス(WiMAX2+)の電波はUQ WiMAXが管理しており、20社以上のプロバイダから販売されています。

テレビCMで有名なのは大元のUQ WiMAXですが、キャンペーンのお得感はありません。

ワイマックスはどこのプロバイダでも電波の通信品質や端末機種は同じなので、月額料金とキャッシュバックを合わせた契約2年間の合計実質費用と、細かなサポートだけの差になります。

 

つながりやすさが同じだったら少しでも安い方がいい!ということで多くの人は(知っている人は)プロバイダ経由でワイマックスを契約するのです。

 

So-netはSONYの子会社で古くからプロバイダの事業を行っておりADSLや光回線など通信回線の実績がある老舗プロバイダです。

So-netのキャンペーンは2つあり、旧機種のW02のグリーン限定で

  • ギガ放題を月額2,680円で利用できる
  • キャッシュバック20,000円

から選ぶ事ができます。

キャッシュバック額20,000円はGMOとくとくBBに次いで業界2番手。

老舗だけあってサポートも充実しています。

ではSo-netのワイマックスは「買い」なのかというと、個人的にはGMOとくとくBBの方がいいかなぁと思います。

 

たしかにSo-netはサポート年中無休でしっかりしてるし、優良プロバイダであることは間違いありません。

でもGMOとくとくBBのキャッシュバックの方がダントツで高額なのです。

 

GMOとくとくBBはSo-netよりキャッシュバックが高額!

GMOとくとくBBはGMOインターネットという会社が運営しているワイマックスプロバイダです。

GMOインターネットは東証一部上場のIT業界の大手企業で、実績も十分。

価格.comの実績でも今一番人気があるのがGMOとくとくBBです。

 

人気の理由は何と言ってもキャッシュバックの高さ。

業界二位のSo-netが20,000円のキャッシュバックなのに対して、GMOとくとくBBは最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

最新機種のW03(私はこれがおすすめ)を選んでも、29,000円キャッシュバックされるので、他のワイマックスプロバイダに比べてダントツでお得なんです。


-料金比較, プロバイダ選び, GMOとくとくBB
-, , , ,

Copyright© WiMAX私が選んだキャンペーン! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.