クレードル不要派の僕がWX04ではクレードルを絶対に買うと決めた理由

更新日:

WiMAXを購入する時、本体とは別に「クレードル」を購入するかどうか聞かれます。

クレードルってなに?
クレードルって必要なの?
クレードルのメリットってなんなのさっ!

と思う人も必見。
クレードル不要派だった僕が、【WX04】の情報を見て【WX04】に限っては、クレードルは必要だと感じたので、まとめていきたいと思います。
⇒今なら業界最安値!BroadWiMAXのキャンペーンはこちら!

クレードルってなに?

クレードルとは、このようにルーターを置く「WiMAXの台座(充電台)」のことを指します。

よく呼び間違える人がいますがクレドールじゃなくて「クレードル」です。

このクレードルがなくても、WiMAXは使えます。

充電コードを直接WiMAX本体に挿せば充電できます。

クレードルは必要不可欠ではありません。

そう、不可欠ではないのです。

クレードルのメリット

じゃあなぜクレードルという物があるのか?

クレードルのメリットは

  • 無線接続だけでなく、有線接続ができる
  • 有線接続を無線化できる
  • 置き場所を固定できるので、そこに置くだけで充電できる

上記がよく言われていますが、僕にはメリットといえるものではありませんでした。
(まあ、あったらあったで使い勝手は良いので使いますが…)

  • 無線接続だけでなく、有線接続ができる
    ⇛現在有線接続をする必要は特段ない(人によっては必要性がある人はいますが…)
  • 有線接続を無線化できる
    ⇛有線接続から無線化する必要性もそこまでない(人によっては必要性がある人はいますが…)
  • 置き場所を固定できるので、そこに置くだけで充電できる
    ⇛これは使い勝手が良いので否定はしませんが、僕自身、充電忘れやWiMAXをなくす等しない方なので特段必要ない

以上から、WiMAXとは別にオプションで別途料金を払って購入するのであれば「クレードルは不要」と思っていました。

でも、WX04のクレードルはすごいらしい

そんな僕がWX04ではクレードルを一緒に購入することにしました。

なぜか。。ご説明しましょう!

 

WX04のクレードルは「拡張アンテナ」がついています。

WX03にもついていたのですが、クレードル自体にアンテナが内蔵されており、通常のWiMAXよりも電波が広範囲に及びます。

大きな家の人はもちろん、「1階にWiMAXを置いておいても2階まで届いちゃう!」なんて声もあります。

他にも「トイレにいくのにWiMAXを持ち歩く必要があった」というものが「クレードルに指しただけでトイレまで電波が届く」なんてことも…

コレは大きい。
「Wウイングアンテナ」なんて名前がついています。

もともとWX03の頃から両端に2つ羽みたいなものついてたからもともとWウイングやん!と思いましたが、Wの意味が違ったようです。

公式によると

「Wウイングアンテナ」とは

W(ダブル)は、WAN(WiMAX)とLAN(Wi-Fi)を表します。
ウイングは、本体をクレードルに据え付けたときの2つのアンテナ形状を表します。

とのこと。

本体基盤(WAN:WiMAX)からWウイングアンテナ(LAN:Wi-Fi)へ電波を飛ばし、Wウイングアンテナがそれをキャッチし、拡散するという仕組みになっているということが、「W」ということですね。

まぁ、難しいことは置いておいて。
要は普通のWiMAX端末よりも電波の届く距離が長くなるということです。

すごい、このクレードル力。

WX04に限っては「クレードル」が必要な理由

ここからが、WX04のクレードルのすごいところ。

前述した「Wウイング」も進化して強化されているそうですが、追加した機能「ビームフォーミング」と併せて、さらに広範囲に電波が届くようになったとのこと。

公式によると

ビームフォーミングとは、Wi-Fi接続した端末に向けて電波の指向性を高める技術です。

この「ビームフォーミング」、WiMAXに限った用語では無いんです。
電波に関係する機器にはついているものがあるようです。

簡単にいうと、通常では届きにくい場所にも電波を届くようにする機能です。

携帯のLTEなどはこの原理が使われていたり、ホームルーターにこの原理が採用されているものもあるようです。

ビームフォーミング(beamforming)とは、この電波を細く絞って、特定の方向に向けて集中的に発射する技術です。この技術を使えば、基地局(電波を発射する装置)と端末との間での電波干渉を減らし、より遠くまで電波を届けられるようになるのです。たとえば無線LANのビームフォーミングでは、利用可能なエリアが従来より3~4割程度広がることになる、とされています。

ケータイWatch

一般的には、電波は方向性を持たずその場に存在しているのみで、ある一定の方向に向いて進むということはありません。

しかし、このビームフォーミングは特定の方向に集中して発射されるから「届きにくい場所にも電波が届く」という原理です。

WiMAXがWi-Fi端末を感知して、その場所まで電波を届けてくれるんですね。

これによって、WiMAX本体から離れた場所でも通信が安定するし、速度が落ちにくくなります。

一人暮らしの場合はあまり使わないかもしれませんが、家族で一戸建てに住んでいる場合には、一人がWiMAXを持ち歩いて「電波ないやんけ!WiMAXどこに持ってったの!?」なんてことはなくなります。

これは据え置き型のルーターなどによくついている機能なのですが、これをWiMAXに搭載するなんて…家の中の電波がモバイルルーターに置きかわってきているということでしょうか。

本当にすごい機能を搭載してくれました…

WX04を一番安く手に入れるならBroadWiMAX

こんなにすごい機能を搭載した「WX04」を購入する場合に一番お得なプロバイダは、今のところ「BroadWiMAX」です!

BroadWiMAXは、現在、「初期費用18,857円が無料」キャンペーンを実施中!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんが、購入するなら今です!!!

どのプロバイダから申込んでもエリアや通信速度に変わりはないので、WX04を申込む場合は最安値のBroadWiMAX利用するのがおすすめです!

⇒今なら業界最安値!BroadWiMAXのキャンペーンはこちら!

-WX04

Copyright© WiMAX私が選んだキャンペーン! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.