WX04とWX03の違いを徹底比較!進化したポイントはどこ?

更新日:

WX04とWX03の比較

WX04の発売が発表されて、WX03と比較し「どっちを買おう…」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
特に今回、契約期間が3年契約のものしかないので迷っている方も多いと思います。

後で詳しく解説しますが、僕は契約期間が3年であることも含めて、前作のWX03からかなりの進化を遂げた【WX04】の購入をオススメします。

正直、【WX04】は総合的に最高の端末だと感じています。これからWiMAXを購入するのであれば、間違いなくWX04がおすすめです。

WX04はWX03と比較して何がどう進化したのでしょうか?
WX04とWX03の違いは大きく下記5点。

  1. au 4G LTE利用の可否
  2. バッテリー容量
  3. USBの種類
  4. クレードル
  5. 契約期間

では、細かく見ていきましょう。

⇒初期費用0円キャンペーン&月額最安値!Broad WiMAXのお申込みはこちら!

大目玉!!au 4G LTEの利用が可能になった!

WX04は、au 4G LTEの電波が使えるようになりました。
(【WXシリーズ】ではWX03までau 4G LTEを使う事ができませんでした。)

今までau 4G LTEは、ライバル機種の【Wシリーズ】でのみ使えていたのですが、この進化によって「WX04」と「W04」の2つの機種に大きな差はなくなりました。

au 4G LTEとは、auの携帯を持つ人が使える電波と同じもので、auの携帯の電波が届く場所には電波が届くというものです。

僕の経験としては…
最近、会社の近くのカフェで作業をする機会があったのですが、「WX03」では圏外になってしまって全く作業がはかどらなかったということがありました。
(結局、コーヒーを頼んだにも関わらず、作業ができないので場所を変えました。お金もったいなかったな…w)

また、クライアント先に訪問したときにも、ビルの中に電波が届かない…なんてことも(大阪市内です)。

そんなことは今後一切なくなるということです!!
最高!!!!

もちろん、ビルの中だけに限らず「田舎」「山間部」「海水浴場」「キャンプ場」などに行く場合も電波バリバリ。
車でドライブが好きな僕としては、田舎にドライブに行ったときに圏外にならないということは大変ありがたいです(検索すらできないw)。

人が生活しているほとんどの地域で電波が繋がるので、人によっては「携帯で圏外のところであっても、WX04では電波が届く」という という人もいるかもしれませんね。

大容量のバッテリー搭載で、電池切れが防止できる!!

モバイルルーターは、「モバイル」と言われるだけあって持ち歩きできるところが魅力ですよね。
(またの名をポケットWi-Fiとも言いますね。ポケットに入るからでしょうね。)

だからこそ、充電の残量を気にしなければならなかったり、モバイルルーターの充電のために充電器や充電ケーブルを持ち歩いたり…

「僕は嫌だ!!!」

そんなあなたに朗報です。

WX04のバッテリーは3,200mAh!!
(WX03の2,890mAh)

ほぼ丸一日充電を気にしなくて良い容量を搭載しております。

僕も含め「バッテリー容量を数字で言われてもわからないよ〜」という方には、待ち受け時間や連続通信時間でお話しますね。

ハイパフォーマンスモードで8.1時間(WX03:7.3時間)、ノーマルモードで最大11.5時間駆動(WX03:10時間)。
Bluetoothを使ったエコモードではさらに通信時間が伸び、最大16.6時間駆動します(WX03:16.5時間)。

ノーマルモードでスマホと繋ぎっぱなしにしても、朝8時に家を出て19時に帰宅してもまだ電池が余ってますね!

普通にYoutubeを見たりネットサーフィンするぐらいなら220Mbpsあれば十分なので、ノーマルモード(約11.5時間駆動)にしておくのがいいと思います。

さらに、スケジュール機能を使えば、使わない時間帯を設定することで端末の電源を自動でOFFして節約もできちゃいます。

充電ケーブルは、急速充電ができる「USB Type C」

WX04の充電ケーブルはUSBの新しい規格「USB Type C」になっています。

アンドロイドのスマートフォンに多く使われているのはUSB micro-B規格。ここ数年のiPhoneはLightningコネクタ。そしてそのACアダプターやPCにつなぐときのポート口がUSB Type-Aといわれる形状です。

『Type-C』はその3つのコネクタ形状とは変わる、新しいコネクタ規格です。口は上下関係ないシンメトリー。どちらでも挿せる、手元が悪くても挿せる便利な構成となっています。
ELECOM

USB Type Cは、急速充電ができると言われています。

USB Type C対応の機器が今後はもっと増えていくと様々な企業が公言しています。
今後はUSB Type Cが主流になっていくでしょう。

お出かけの際はUSB Type Cケーブルを持ち歩くだけでいい日が来るかもしれません。

クレードルにビームフォーミングがついて、室内利用時の電波が強化

前作のWX03のクレードルに搭載されて大好評だった、Wウイングアンテナ(電波を強化するアンテナ)。
これは今回のXW04のクレードルにも引き継がれています。

では今回何が強化されたか?
それは「ビームフォーミング」です。

据え置き型の無線LANルーターを購入するときには必ず検討する「ビームフォーミング」。
それが今回モバイルルーターにも搭載されちゃいました!!

これは、「据え置き型としても使ってくださいね」というNECからのお言葉ですね!!

要は、このクレードルを導入すれば、室内で電波を受信しやすくなり、安定した通信環境が実現できるのです。
一戸建ての自宅で固定回線の代わりにも使えます。
もちろん一人暮らしであっても、トイレなど電波が届きにくい場所にも届くので大活躍です!
⇛クレードルに関して、もっと詳しい説明はこちらの記事からどうぞ

3年縛りの契約はなぁ…契約期間が一番のネック!?

WX03は2年契約ができるのに対して、WX04は3年契約しかできません。これはちょっとなぁ…と考える人も多いと思います。

でも、僕は3年契約でもWX04の購入をオススメします。

今まで述べてきた「進化」は、目を見張るものがあると思っています。
しかし言い方は悪いかもしれませんが、僕は、最近のガジェットに関しては2年ごときでそうそうな進化はしないと思っています。

1年で必ず新しい機種になるiPhoneを例に取ってみても、2年でかなりの進化をしますか?
もちろん最初の頃は1年で素晴らしい進化を遂げていました。
しかし、今はもう進化しきって、1年ではそのような大きな進化はしていきません。

もちろん僕を含め「最新機種が好きな人」はいると思いますので、一概にみなさんに言えることではないと思います。
でも、今が切り替えの時期であって、機種に悩んでいて3年縛りがネックできめきれていない人には「WX04で当分大丈夫だと思いますよ。」と言ってあげたいです。

昔僕が好きだった端末「Uroad Aero」という機種があります。


この頃は1年契約が主流だったんです。1年でかなり端末が進化するから。

それが今は2年契約が主流になってきて、3年契約も出てきています。
これは、モバイルルーターを作っている側からしても「そこまで1年で進化しませんよ」という気持ちもあるのだと思います

WX04はバッテリーも交換できるので、スマホのようにバッテリーのヘタリも気にすることはありません。
WX04は、長く使える端末だと思っているので、あまり心配はないと思います。

機種の比較まとめ

色々述べてきましたが、公式の情報からのまとめも記載しておきます。

僕が前述したことや、それ以外で異なる部分などを、最後にさらっと見てみてください。
説明した内容を踏まえて見ることができるので、スペック表が見やすくなっているかと思います。

WX04 WX03
デザイン   WX03の拡張アンテナ付きクレードル
メーカー NEC NEC
サイズ 縦幅62mm
横幅111mm
厚さ13.3mm
縦幅:62mm
横幅:99mm
厚さ:13.2mm
重さ 約128g 約110g
最大通信速度 440Mbps
(4G LTE利用可)
440Mbps
(4G LTE利用不可)
バッテリー容量 3,200mAh(交換可能) 2,890mAh(交換可能)
バッテリー駆動時間 8.1時間~13.8時間 7.3時間~12.3時間
テザリング台数 10台 10台
USBタイプ USB Type C micro USB

WX04を一番安く手に入れるならBroadWiMAX

こんなにすごい機能を搭載した「WX04」を購入する場合に一番お得なプロバイダは、今のところ「BroadWiMAX」です!

BroadWiMAXは、現在、「初期費用18,857円が無料」キャンペーンを実施中!

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんが、購入するなら今です!!!

どのプロバイダから申込んでもエリアや通信速度に変わりはないので、WX04を申込む場合は最安値のBroadWiMAX利用するのがおすすめです!

Broad WiMAX初期費用0円キャンペーンの申し込み方法

Broad WiMAXでWX04を購入するには下の初期費用0円キャンペーンページから申し込みしてください。

期間限定キャンペーンのため、公式ページから申し込むとキャンペーン対象外になる恐れがあるのでご注意ください。

⇒初期費用0円キャンペーン&月額最安値!Broad WiMAXのお申込みはこちら!

初期費用0円キャンペーンで申し込むには「安心サポートプラス(月額550円)」と「My Broadサポート(月額907円)」に加入する必要があります。

この2つは商品到着後、いつでも解約できるので、少しでも安く使いたい人は解約してしまいましょう。

僕の場合は故障に備えて安心サポートプラスにだけ加入しています。

 

Broad WiMAXの申込みは方法は簡単です。

トップページの「WebからWiMAXをお申込する」をクリックして、その先の「ご希望の商品の選択(端末の選択)」でWX04を選びます。

BroadWiMAX申し込みはこちら

WX04を選ぶ

あとは流れに従って希望のプランや購入者情報を入力します。

プランは「ギガ放題」がおすすめ。もしそんなに使わないようであれば途中で7GBまでのプランに切り替える事もできます。

申込みは5分ぐらいで完了します。あとは到着を待つだけです!

WiMAXで快適なネットライフをお楽しみください!

⇒初期費用0円&月額最安値!Broad WiMAXのキャンペーンはこちら!

-WX04

Copyright© WiMAX私が選んだキャンペーン! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.