WiMAX最新機種「WX05」とWX04の違いは?改善点とイマイチポイントを解説!

更新日:

WX05とWX04、実はそれほど違いはないのでは?

先日発売されたばかりのSpeed Wi-Fi NEXT WX05が注目を集めています。

最新モデルならではハイスペックな端末で人気なのですが、まだ詳しいところは分からないという人も多いのでは?

そこでこの記事でWX05の特徴、前モデルのWX04からの改善点、お得に契約できるプロパイダまで詳しく解説いたします!

WiMAXから最新モデルWX05が登場!

WX05は2018年11月1日にNECプラットフォームズが発売したモバイルルーターです。

国内メーカーが生産している端末というだけあり、高い品質を求めるユーザーから根強い人気を誇るWXシリーズ。

こんなところが評価されているんです。

WiMAXハイパワーで通信が安定している

WX05から搭載されている便利機能といえば、「WiMAXハイパワー」でしょう。

これは分かりやすくいえば「電波がつながりにくい場所でも通信しやすくする機能」で、端末の送信パワーをアップさせて速度を20%あげることに成功しました。

このほかにも、電波の混雑状況を判断してつながりやすい通信に切り替えるという便利な機能も。

室内などこれまでWi-Fiの電波が使いづらかった場所でもスムーズにネットにつながるようになりますね。

電池の持ちがいい

WX05は電池容量が3,200mAhと大きいのが特徴!
モバイルバッテリーなみの容量のため、長時間充電なしでもWi-Fiが利用できて便利なんです。
どのくらいバッテリーが持つかは、通信モードによって以下のように変わります。

  • ハイパフォーマンスモード→約8.1時間
  • ノーマルモード→約11.5時間
  • エコモード→約13.8時間

最低でも8時間持つので、外出先で仕事をする人にもぴったりですね。

タッチパネルで操作がしやすい

WX05の本体の中央には2.4インチの大きめのタッチパネル画面がついていて、通信の設定なども簡単に行えます。

電池残量も分かりやすいビジュアルで表示可能なので、外出先で残り少なくなったらすぐに通信モードを切り替える・・・という操作もスピーディに行えます。

また、「おまかせ一括設定」という機能も搭載されていて

  • 通信速度を優先→速度の理論値を最大の440Mbpsに
  • スタンダード→理論値を220Mbpsに
  • バッテリー持ちを優先→速度を110Mbpsにして、電波の出力なども抑え電池が長持ちするようになる。

という3つのモードがワンタッチで切り替えられるんです。

WX05で追加された機能と改善点

WX05の前モデルはWX04で、こちらも人気の高い端末でした。
見た目的にはこの2つの端末はあまり違いが見受けられないようです。

大きさ、重さ、使用しているバッテリー、最大速度まで一緒なので
「本当に進化しているの?」という意見も出てきそう。

しかし、WX05は着実にアップデートされています。

新機能Wi-Fiハイパワーとビジュアルステータス

WX05は通信の安定に力を入れている端末だといえます。

先ほども触れた、端末の電波送信出力の威力を上げる「Wi-Fiハイパワー」やクレードル利用で、より接続しやすい状態をつくりWX04よりも20%も通信速度がアップしています。

ビジュアルステータスは、3つのネットワークチャンネルの混雑具合がグラフで分かりやすく表示される機能です。

グラフが高ければ高いほど混雑していて、逆に低いほど回線が空いていてつながりやすいことを意味します。

3つの中で一番つながりやすいチャンネルを選べば、ワンタッチで切り替えることができます。

LTE接続をコントロール

WiMAXは使い放題のプランがあるのですが、オプションのau 4G LTE接続は月間で7GBまでと上限が決められているんです。

しかも、この上限をオーバーしてしまうとWiMAX2+回線も通信制限がかかって128Kbpsまで下がってしまうんです。

低速通信になってしまったら、動画視聴はもちろん普通のネットサーフィンまで難しいほど。
知らない間にLTE通信を使いすぎないように、事前にデータ量を設定しておけば自動的にWiMAX2+回線に切り替えてくれます。

WX04でもワンタイムHS+A機能として、電源を入れなおしたり接続されない状態が続けばLTEの通信が解除されていたのですがデータ量の設定などはできなかったので、WX05でアップデートされたことが分かります。

カラバリが変化

大きさや重さはほぼ変わらないWX05とWX04ですが、外見で大きく変わった部分があります。
それはずばりカラーバリエーション!

WX04はホワイトと、ブルー系の2パターンでしたが、WX05ではホワイトとレッド系の2種類の展開となっています。

以外にも、WiMAXのモバイルルータの端末はこれまで寒色系の色展開が多かったので、WX05のようなはっきりとしてレッドは存在しませんでした。

これまでずっとWiMAXのWi-Fiを使っていたという人でも、気分がリフレッシュされるのではないでしょうか?

ちょっと気になるイマイチなポイントも・・・。

WX05は、様々なポイントがアップデートされた最新モデルであることは間違いありません。
しかし、気になるところも存在します。

初期費用のリスク

WXシリーズはこれまで、早期に購入した人から「初期不要で、通信が不安定だ」「なにもしていないのに電源が切れる」などの声がありました。

いまのところWX05で初期不良があったという意見はないようですが、万が一初期不良モデルであったとしても、もちろん端末の交換やアップデートなどされるのでそれほど大きな問題だとはいえないかもしれません。

通信速度変更なし

同じくWiMAXで販売されているW05は最大758Mbpsの通信速度を誇っています。
WX05はその後に発表されたので、当然通信速度が上がっていると期待されましたが従来と同じ440Mbpsでした。

しかし、WX05は最大速度を上げるよりも通信が安定することに重点を置いているため、実感としてつながりやすくなったと感じるユーザーが多いようです。

WX05かWX04どっちが安いの?

WX05は旧端末のWX04よりも、あらゆるポイントで勝っています。
最新モデルなので当然といえばそうですが・・・。

しかし、新しいモデルなら古いものより高そうなイメージがありますよね。
公式のUQ WiMAXのサイト確認してみると、どちらも本体価格800円で、プランによる月額料金の差はありませんでした。

新しい端末であるにもかかわらず同じ値段ということは、絶対的にWX05の方がお得です。

これから契約するのであれば、WX05が確実におすすめだといえますね。

まとめ

今回は、WiMAXのモバイルルータの最新モデルWX05について解説しました。
その中で

  • WX05はバッテリー持ちがよく、通信が安定している。
  • WX05はかゆいところに手が届く細かな機能がたくさん搭載されている。
  • 料金もWX04よりWX05が安い

という事が分かりました。

魅力満載のWX05は、今までWiMAXを使ったことがないという人にもおすすめ。
ルータ選びの参考になればうれしいです。

WX05を最も安く購入できるのはGMOとくとくBB

さてそんなWX05はUQ WiMAX以外にも、いくつかのプロパイダで契約することができます。

中でもおすすめなのが【GMOとくとくBB】です。

とにかく安いプロバイダGMOとくとくBB

こんなにメリットがあります。

  • 初期費用がお得
    端末代や送料が無料、月額料金がUQ WiMAXより安い
  • 最大41,000円の高額キャッシュバック
    最大41,000円のキャッシュバックが適用されるので契約期間内の支払い総額がグっと抑えられて、利用者の実質負担額は一番低いんです。

最新端末のWX05を安くお得に契約したいという場合、なんといってもGMOとくとくBBがおすすめです!

申込みは下記のキャンペーンページからどうぞ。キャンペーンページ以外から申し込む高額キャッシュバック対象外になるのでご注意ください!

⇒GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーンページはこちら


-WX05

Copyright© WiMAX私が選んだキャンペーン! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.